消費者金融に対する時代の違いを感じます

私たちの世代では消費者金融の印象はいいものではありません。
すでに淘汰された消費者金融が多いことがその実態を示していたといっていいかもしれませんが、強引な取り立てや貸し込みなどの不祥事が頻発していたころの消費者金融を知っているからです。

まさしく、私たちの世代では消費者金融はサラリーマン金融、略してサラ金と呼ばれ、高利貸しの代名詞のように使われていたのです。

一度しっかりついてしまったイメージは中々回復することはありません。
実際には現状の消費者金融は昔の消費者金融とは質が違っているものといっていいのかもしれませんし、実際にそうなのでしょう。

しかし、今でも消費者金融は私たちの世代にとって敷居の低いものにはなっていません。
最近の人は消費者金融についてはどのように思っているのでしょうか。
銀行と比べてみそれほどのイメージの悪さはないと考えられますが、イメージの悪いころの消費者金融のことを知っているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です